ケーキのレシピを公開します。 手順も含めて実用的に活用できます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
オーブンを使わずに簡単に作れるレアチーズケーキです。




材料(18 cm のケーキ型)



土台



rear-01ss.jpg

ビスケット   100 g      

バター      50 g



生地


クリームチーズ 200 g

ゼラチン     10 g
水       大さじ3
グラニュー糖   50 g
生クリーム   200 cc
レモン汁    大さじ1





作り方



rear-03ss.jpg

ケーキの型に予めバター(分量外)を塗っておきます。

クリームチーズとバターは室温で柔らかくしておきます。
(20秒ほどレンジで加熱しても可)





土台



rear-02ss.jpg

ビスケットをビニール袋に入れ、麺棒で細かく粉砕します。

ビスケットの粉末にバターを加え、手で握りつぶすようにして混ぜます。



rear-06ss.jpg

ケーキの型に敷き詰め、指の腹で押しながら表面を整えます。



rear-07ss.jpg

ボールにクリームチーズを入れ、金属製のへらで滑らかになるまで練ります。



rear-04ss.jpg

ゼラチンを水でふやかせます。



rear-09ss.jpg

ゼラチンの入った鍋にグラニュー糖と生クリームの半量(約100 cc)を加え、弱火でゼラチンが溶けるまで温めて混ぜます。



rear-11ss.jpg

半練り状のクリームチーズにゼラチン入りの生クリームを加え、良く混ぜます。

残り半量の生クリーム(約100 cc)とレモン汁を加え、全体が均一になるように混ぜ合わせます。



rear-13ss.jpg

ケーキ型に流し込み、冷蔵庫で約2時間冷やします。

この時、ケーキ型の上からラップで包むと、水分が蒸発しないので生地が硬くならずに済み、表面は滑らかになります。





2時間後





rear-14ss.jpg


熱湯で熱くした布巾を型に当て、バターを塗った表面を滑らかにしてから型から抜き出します。





トッピング



rear-12ss.jpg

ブルーベリージャム(市販の物、他にはアプリコットジャム等でも良い)を鍋に取り、ブランデーを適量加えます。


弱火で加熱しながら混ぜ、半分の分量になる位まで煮詰めます。

室温で冷まし、粗熱が取れたらケーキの上に均等の厚さになるようにコーティングします。


rear-15ss.jpg
スポンサーサイト
2011.03.09 / Top↑
お酒にも合うチーズたっぷりの濃厚なニューヨークチーズケーキです。



材料(18 cm のケーキ型)



土台

ビスケット    100 g
ココアパウダー   20 g
バター       50 g


生地

クリームチーズ  350 g
サワークリーム  100 g
グラニュー糖   120 g
全卵        2 個
生クリーム    200 cc
レモン汁     大さじ 1
コーンスターチ   20 g





作り方


ケーキの型に予めバター(分量外)を塗っておきます。

クリームチーズとバターは室温で柔らかくしておきます。
(20 秒ほどレンジで加熱しても可)

オーブンは加熱をする時に設定温度になるように予熱します。





土台



ssNY-01.jpg

ビスケットをビニール袋に入れ、麺棒で細かく粉砕します。




ssNY-02.jpg

ココアパウダーとバターを加え、手で握りつぶすようにして混ぜます。



ssNY-03.jpg

ケーキの型に敷き詰め、指の腹を使用して押しながら表面を整えます。





生地




ssNY-04.jpg

ボールにクリームチーズとサワークリームを入れ、金属製のへらで滑らかになるまで練ります。



ssNY-05.jpg

グラニュー糖を加え、全体が白っぽくなるまで良く混ぜます。



ssNY-06.jpg

全卵を加え、泡立て器で固まりが出来ないように良く混ぜます。



ssNY-07.jpg

生クリームとレモン汁を加え、全体が滑らかになるように良く混ぜます。



ssNY-08.jpg

コーンスターチ(片栗粉でも可)を加え、ダマが残らないように良く混ぜます。



ssNY-09.jpg

生地を裏ごしし、ケーキの型に流し込みます。

裏ごしは作業簡略化のために省いても構いませんが、した方がより滑らかな舌触りになります。





加熱



ssNY-10.jpg

用意した型を下側からアルミホイルで包み、お湯を張った天板の中に入れて、160 ℃のオーブンで120 分間焼きます。

焼き色はアルミホイルで焦げ目を調整します。



ssNY-11.jpg

竹串を差し込み、何も付いて来なければ焼き上がりです。

生地が半生で付いてくるようならば更に15 分ほど焼き増しします。

粗熱が取れたらラップで包んで、冷蔵庫で6 時間程冷やします。



ssNY-12.jpg

熱湯で熱くした布巾を型に当て、バターを塗った表面を滑らかにしてから型から抜き出します。



ssNY-13.jpg

表面にジャムをブランデーで煮詰めたペーストをトッピングすると更に美味しく味わえます。

ジャムの種類:ブルーベリー,アプリコット,マーマレードなど。

2011.03.09 / Top↑
バレンタインデーも過ぎてしまいましたが、組合の講習会で開きますのでレシピを公開しておきます。
ガトーショコラの作り方です。


材料(18 cm のケーキ型)

メレンゲ
 卵白           3 個分
 グラニュー糖       60 g

生地
 卵黄           3 個分
 グラニュー糖       60 g
 生クリーム        50 cc
 薄力粉          30 g
 ココアパウダー      30 g
 チョコレート       70 g
 無塩バター        50 g

飾り用
 粉砂糖          適量



作り方


薄力粉とココアは混ぜてダマの無いようにふるっておきます。



ssGT-01.jpg

チョコは細かく切り、バターと合わせて湯煎で溶かしておきます。
ケーキ型にバター(分量外)を塗り、オーブンシートを張っておきます。
オーブンは加熱をする際に設定温度になるように予熱します。



メレンゲ



ssGT-02.jpg

卵白にグラニュー糖を加え、角が立つまで泡立てて、固いメレンゲを作ります。





生地



ssGT-03.jpg

別のボールに卵黄を入れ、グラニュー糖、生クリームを加えて混ぜます。



ssGT-04.jpg

薄力粉とココアを混ぜた物を加え、良く撹拌します。
メレンゲの1/2量を加え、良く混ぜます。



ssGT-05.jpg

溶かしバターと溶かしチョコを加え、混ぜます。
残りのメレンゲを加えて、泡が潰れないようにサックリとメレンゲの白い色が無くなる程度まで混ぜます。



ssGT-06.jpg

用意した型に流し入れ、170 度のオーブンで40分~50分加熱します。
竹串を差し込み、何も付いて来なければ完成です。
生地が半生で付いてくるようならば、更に5分ほど加熱します。



ssGT-07.jpg

型から取り出し、室温で粗熱を取り、粉砂糖を振りかけて完成です。

2011.03.02 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。